ノスタルジー漏れる常識響に癒されてある

なにか家で業務をやるときにBGMが欲しくなる時があります。以前はたいてい自分の好きな曲をかけていたのですが、最近は「天然サウンド」というものをBGMにすることが多くなりました。例えばどんなものかと言えば海の流行とか川のせせらぎなどが先頭系統ですが、俺が最も愛するのは蛙の叫びと焚き火のサウンドだ。
田んぼだらけの地元に育った俺は蛙の叫びを聞くと「もう一度こんな瞬間か」などと非常に感慨深く季節ムードを楽しむことができますし、「パチパチ」という木がはぜる焚き火のサウンドは「火って良いよね〜」と火に対する恩恵の念がじわじわ沸いてきたりしてそれに比例するかのように感情がポカポカしてしまう。
私の傍らで蛙の叫びが大の下手の個々がいて、ある時俺がBGMに蛙の声を聞いていると言ったら大いに戸惑いそうな面持で「なにか危険でも生じるん?」と言われました。ビジョンもしなかったこういう意見に俺は笑いのメソッドを押されてちょっぴり口が聞けませんでした。産後 体型戻し ベルタ